静かに過ごす部屋

itslowly.exblog.jp ブログトップ

野呂山(靄)


2016.11.19(sat)
e0264374_12382216.jpg
もやもやもやもや。
一面 もやな 野呂山。


ちょっと調べてみましたが
視界が1キロ未満の場合「霧」
1キロ以上10キロ未満「もや」

晴れて風のない夜などに放射冷却で発生する「放射霧」
海や川などで水面の水蒸気が冷気に触れてできる「蒸発霧」


もっと 深く
「霧」
平安時代以降、春は霞(かすみ)秋は霧と呼ぶらしぃ。







週末は ワタシには珍しくタイトなスケジュールでした。
土曜日の朝はおかあさんの6.7参りのお経と
≪「ご縁」というものは努力が必要≫だと
身に沁みるお言葉を頂きました。

80歳と若いのが週ごと代わり交代系でお経に来てくださるのですが
80歳はご自分の身の回りのお話をしてくださり
若い住職さんはこうした「ご縁」とか「佛系」のお話をしてくれます。
どっちかといえば後者に興味ありキャパを広げてくれるよう思います。

その後 野呂山にお友達と紅葉散策に行き
長い時間一緒に過ごしました。

昨日もお出かけ。& 叔父が夕方おかあさんの6.7参りじゃ~いうて
お経をあげにきてくれました。

今年は少し遅くなりましたが
秋の新米も届きました☆

by rhapsody_uhuhu | 2016-11-21 13:01 | 日常的&非日常
line

素人園芸の日々を独走的に記録しようとしてるんだと思います。


by リエール
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー