静かに過ごす部屋

itslowly.exblog.jp ブログトップ

宮島土産(笑)


2016.1中旬。


次女が宮島に行きました。


いいな。っと思う反面
ワタシは写真を見せてもらうと嬉しい(笑)


オアシスの心
「オ」カゲサマでという報恩の心
「ア」リガトウという感謝の心
「シ」ツレイシマスという謙虚の心
「ス」ミマセンという反省の心
e0264374_11245945.jpg



売店通りしか知らないワタシは
こういう未知なる道があったことに感動。
e0264374_11245233.jpg



e0264374_11243786.jpg



e0264374_11244489.jpg



e0264374_11250767.jpg



e0264374_11242824.jpg


明るい社会は合掌から。。。
時々無情なことをなさるなぁと思う今日この頃。
e0264374_11173125.jpg


鹿(笑)
なんか イイ顔してるねー☆
改めて思った♪ くさいけどw
e0264374_11251425.jpg


まじ 、 こぉいう場所あったのかしら。
e0264374_11242192.jpg


なんかしてる。。。
誰の足かはベティーちゃんでわかるw
e0264374_11171577.jpg


当日は潮が満ちてるねぇ。
e0264374_11241554.jpg


この彼女。
よく虹に巡り合います。
もしかして ラッキーガールなのかしら?
e0264374_11252064.jpg


そして わが子ながら 微量な
画心を感じる以前からこの頃。
e0264374_11252561.jpg



両親ともに健在の頃
小さい子供を連れて
暑いさなか毎年、宮島の花火大会に行ってました。

早い時間に行き ビニールシートを置き
場所取りをしても
夕方になると 人をかきわけても入りにくい人だかり。

暑いのが苦手なワタシはもううんざりで
ビニールシートのところに行くチカラもなかったけど
当時元気だったお母さんは鬼瓦優子らしくその場に屈さず
場所を塞いでいる人と戦おうとする。

そういう暑い姿すらたいぎくって、めんどくさくて
「もうええけん!」っと 家族を引っ張って 父には少々危ないような木の橋を渡り
桟橋みたいな静かな涼しい場所で家族で花火を眺めたなぁ。


まだ ワタシも当時若かったので頑張れた。
今じゃ あの人ごみは もっと無理(笑)



※まためんどくさい根性発揮で
写真サイズもらったまま;


by rhapsody_uhuhu | 2016-04-19 12:55 | 仲間的な
line

素人園芸の日々を独走的に記録しようとしてるんだと思います。


by リエール
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー