静かに過ごす部屋

itslowly.exblog.jp ブログトップ

2018年 01月 31日 ( 1 )

(1)御手洗2

2018.1.28(sun)


瀬戸内海に浮かぶ大崎下島
町並保存地区「御手洗(みたらい)」



食事後、ひとりで散策・・・♪

e0264374_11310320.jpg
趣きのある民家の路地を入って行ったら
これは 学校のマークでしょうか。

e0264374_11312133.jpg
廃校になった敷地の階段を数段上がると
背中にカバンをしょって本を読んでいる青年の像がありました。




e0264374_11313033.jpg
ここは、御手洗幼稚園・小学校・中学校 跡地の様です。

校歌

1、歴史の色もうるわしく
花の港とうたわれて
このよきそのに生い立たちし
学びの庭につどう子よ


2、一峰山のそれのごと
高くみがけよわが徳を
ひろがる海の水のごと
深くおさめよわがわざを


3、わが御手洗のほこりなる
かの管公をかがみとし
日頃むつみで吾が友よ
至誠の未知にいそしまん



e0264374_11321385.jpg
反対側は老人集会所・・・
この学校に通われていた人がここにお集まりになっているとかぁ?
そして、集会所の前に、雪ん子のような姿の植物♡




e0264374_11314715.jpg
いったい 誰!?っと思うような方の碑。
帰ってから 写真観て 少しお勉強しました。


維新の志士 「星野文平氏」(1835~63)
御手洗の医師の家に生まれ、幕府の学問所・昌平校で学んだあと、広島藩学問所の教授として仕えました。
尊皇攘夷思想に影響を受け、脱藩して上京する計画を同志と練るも、露見したため断念をします。
しかし、1863(文久3)年、藩の執政・辻維岳(将漕)が上京する際、その遂行者から一人仲間外れされます。
これに憤慨した文平は切腹を図りますが、幸いにも一命を取り留めて、熱意に負け上京を許されます。
当時、軍備の近代化を進めていた広島藩は、蒸気船を購入するため、勝海舟との交渉に臨んでいました。
文平は命じられて伏見の勝の元に向かう途中、自刃未遂のときの傷口が悪化し、任をはたせぬままに
29歳でお亡くなりになりました。

この碑は 地元の偉人の顕彰碑として 旧御手洗小学校(現在のふるさと学園)に建立
星野文平は維新後 勤王の志士として讃えられ、1891(明治24)年に明治政府より正五位を授けられました。
京都東山の霊山護国神社に祀られている志士のうち、広島藩出身者3名の中の一人です。



e0264374_11320242.jpg
おいらん公園・・・・
御手洗の急傾斜地崩壊対策工事の際に偶然見つかった100あまりの墓石を高台に移設設置した公園。
発見された場所と墓標から若胡子屋の芸妓・童子ら関係者のものと推定されている。
江戸時代において遊女の墓が作られることは大変珍しく、当時の御手洗の芸妓を大切にした一端が垣間見える場所。




e0264374_11322633.jpg



e0264374_11323323.jpg



e0264374_11324165.jpg


e0264374_11325505.jpg
歴史の見える丘とやらに階段登って上がってみました。
そこは、一面 ミカン畑・・・・・



e0264374_11330471.jpg
手が届く場所にミカンがたわわ♪たわわ♪
小鳥の生地で、皮がぶら下がったままだったり
皮が落ちていたりと・・・

小鳥の幸せな場所です。



e0264374_11331130.jpg
これからの時期のデコポンもたわわにオレンジ色♪



e0264374_11332337.jpg
みかんもデコポンも 手の届く範囲にあるというのが
とても罪な存在なんです;



e0264374_11333159.jpg
歴史の見える丘もおいらん公園も
まだ先に行かないといけないんでしょうが
ワタシはミカンに夢中(謎)で、
鳥と同化してましたw

e0264374_11334194.jpg
つばきの シベ・・・




現在、自分の中で
御手洗ブーム到来なんですが、

1976年当時17歳の原田美枝子さんが主演の
「大地の子守歌」という映画が 御手洗で撮影されたみたいで

昨日 近くのレンタル屋さんに探しに行ったのですが
「置いてない」っという答えが最終的に返ってきました。



残念です。



またいつか逢える日を楽しみにしてます。









More
by rhapsody_uhuhu | 2018-01-31 12:48 | 大崎下島系
line

素人園芸の日々を独走的に記録しようとしてるんだと思います。


by リエール
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー