静かに過ごす部屋

itslowly.exblog.jp ブログトップ

2018年 02月 07日 ( 2 )

(2)御手洗6


若胡子屋跡
 県史跡。
 享保9年(1724年)広島藩後任の待合茶屋で一説には100人芸妓を抱えていた御手洗最大の茶屋
 茶屋は4件あり花街を形成していたがここのみ現存。
 「日本残酷物語」の おはぐろ伝説の舞台であります。


そんなこととも ツユ知らず~♪
e0264374_13535930.jpg
はっは~これが若胡子屋・・・
おいらん公園のお墓の芸妓さん達が居たと言われるところ。。。

映画「大地の子守歌」は (富田屋)さんというお店でしたが・・・
4つあったお茶屋さんの名前すべて知りたいです。

e0264374_13540787.jpg
入り口にこうした説明書きがあるのですが、
読もうにも字がかすれていて読めません。
でも、じ~~~~っと 見ると おはぐろ事件のことが記載されてます。

(おはぐろにまつわる遊女の悲しい物語が
黒ずんだ壁の手形のあとは既に消え失せたが彼女たちのつれづれのみづくきの跡が2階の壁に残っていて今に何かと語りかけているようです。豪壮な表・・・)
e0264374_13541417.jpg
昭和15年に指定


e0264374_13542035.jpg
入れるようになってたので 入りました。
スリッパもありました。

ワタシ あの 天井の赤いの
建物の飾り色だと ちっくし 思ったのですが
建物が ぐしゃっと来ないよう 補強しているんですね。
言われて そーじゃそーじゃ なるほどっと妙に納得して笑ったのである。


e0264374_13542899.jpg
ワタシにはあの座布団の上に
おいらんさんが座って行列した勝手な妄想が巡ります。


e0264374_13555878.jpg
当時の芸妓さん  おいらんさん?
ワタシのイメージするおいらんさんとはちょっと違って
当時は小振りな方ばかりだったんですね。

e0264374_13544361.jpg
御手洗港を素通る船は
親子乗りかよ 金なしか

*******************

かつてこのように謡われた御手洗。
船乗りたちの花街として賑わいました。
遊女(娼妓)を「おちょろ船」に乗せて稼ぐ光景は御手洗の名物でした。

e0264374_13550624.jpg
地味でわかり難いところに2階の上り口がありました。


e0264374_14432231.jpg
がらんとしてさぶそうで・・・


e0264374_13551911.jpg
これなんですよ 鉄漿(おはぐろ)事件
当時、お金持ちに買われた遊女は一夜だけでも女房気取りになりきるということで
おはぐろを付ける習わしがあったそうな。
ある日、お付きの女の子に 煮えたぎった 鉄漿を用意してもらって 準備を始めたが
その日に限って 鉄漿がうまくつかない・・・

お金持ちの旦那も まだかまだかと せかすし
鉄漿はうまくつかんし、お付きの子にも 鉄漿はつきましたかえ~っと言われ
いらだった 遊女は 煮えたぎった おはぐろを お付きの子の口の中にドボドボ入れた!

その途端 入れられたほうは 喉が焼けるわいねぇ?
黒い液を流しながらのたうち回り
その手のあとがそこらじゅうにつき チカラつきたそうな・・・

e0264374_13554660.jpg
額の中に のたうち回った女の子の手の跡が 薄れても薄れても浮き上がってくる
っという 伝説がありますが、ワタシは よく見ても 見えませんでした。


e0264374_15005873.jpg
ほこりをかぶったような鏡があり、
その時は どういうことがあって、どうなった・・・っということを認識してなかったので
写真をうれしげに撮ってます;

家に帰って よく調べてみると
おとがめ無しだった遊女が部屋で支度をして鏡の前に達と
死んだお付きの女の子が「鉄漿つけなんしたか」っと鏡に映るようになり
その遊女は店を出て四国八十八か所の巡礼をして霊を慰めたという。。。

e0264374_13561230.jpg

参考URL☆



大地の子守歌を観ているので
こちらには大変思い入れが宿ってます。
鉄漿以外にも本当にあった残酷な話があったのだと思われます。




More
by rhapsody_uhuhu | 2018-02-07 15:33 | 大崎下島系

(2)御手洗5


先日の更新の補足になります;


2018.2.3(sat)


琉球(沖縄)使節の筆跡満舟寺額
(前回は意味がわかりませんでした)
本堂の表にこっぽりありました♪


琉球らしいですね。
e0264374_12324058.jpg


生憎 字が読めないんです;
(検索・・・「嘉慶12年卯季春(中国の年号)」(日本は文化3年(1806年))
e0264374_12410515.jpg


字も読めませんが 意味もわからなくて・・・w

~呉市ホームページ見所より☆~
琉球施設に随行していた中山の楽師・梁光地が満州寺の寺号を揮毫(きごう)した。
☆揮毫とは・・・毛筆で言葉や文章を書くこと
e0264374_12411107.jpg



向こう側から下りて行ったのですが
入り口とは違った感じの立派な石積です。
さすがですね♪
e0264374_12322986.jpg



こっから先は、街並み散策地帯になると思われるのです。
e0264374_12472980.jpg


若胡屋跡・・・っと書いてあるので
ワタシはこの建物が 若胡屋だと思っていました。
e0264374_12474424.jpg


へぇ~白壁。。。
でも ココは若胡屋じゃないと思います。

e0264374_12475776.jpg


わけのわからんまま 散策・・・
こういう路地は、我が町 酔いたんぼう路地にも似とります。
e0264374_12480703.jpg


若胡子屋に続きます。








by rhapsody_uhuhu | 2018-02-07 12:53 | 大崎下島系
line

素人園芸の日々を独走的に記録しようとしてるんだと思います。


by リエール
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー