静かに過ごす部屋

itslowly.exblog.jp ブログトップ

タグ:大崎下島 ( 21 ) タグの人気記事

(8)御手洗で残暑....



御手洗のマンホールの蓋
e0264374_12400540.jpg



御手洗の消火栓の蓋
e0264374_12402415.jpg



ちなみに・・・
御手洗も呉市ですが

ワタシが住んでいる付近の
止水栓の蓋
恐らく呉市 市花 つばきのイメージでしょうか。
e0264374_12420654.jpg



呉市 消火栓の蓋
ちゃんと市章が刻印されとります。
e0264374_12421324.jpg



御手洗の海辺の
お彼岸花
e0264374_12403667.jpg



下りるところがあったので下りてみました。
穴場ですね。
e0264374_12404778.jpg


御手洗の海は本当にきれいです。
e0264374_12414046.jpg

路上の彼岸花
e0264374_12411186.jpg




早朝だったら
白いオシロイバナが開いとったでしょうが
お昼過ぎているのでしょぼんでます。
オシロイバナと彼岸花のコラボ
e0264374_12412494.jpg



お昼寝が重要だという2人の散策だったのですが
片方はとても元気なご様子で嬉しかったです。
水分も摂らず残暑が厳しい降り丘まで登ったりしたので
どっちかいうとワタシはクタクタで汗ダク;
御手洗の売店のような場所で冷たい100%オレンジジュースを一気に飲み干しました。
すっぱくてそれはそれは美味しいことといったらありませんでした(笑)


車に乗り 帰路へと向かいましたが
ワタシの水分が未だ足らないので
2月末頃店じまいになっていた海の駅の前に自販機があったことを思い出し
行ってみましたら、なんと 改装オープンしたのか 心機一転 海の駅が開いてました(嬉)

なんか呉市のものが色々売っていたりしましたが
とにかく 疲れているので 目に入るものも上の空で
ジュースだけ購入して 車に乗りました。


その前に海の駅 の向こう側は ずってます;

e0264374_12414876.jpg



夏の豪雨災害で
御手洗行きも大変な被害の様子でした。


島へ渡る橋も片側通行だったりして
まだ生々しい状況が多数あり
なんだかなぁ。っと思いました。
e0264374_12415571.jpg



でも こうして 
御手洗に行くことができ
大変安心しました。



これから深まる秋の御手洗とみかんが
そわそわするほど楽しみです。


by rhapsody_uhuhu | 2018-10-04 13:00 | 大崎下島系

(8)御手洗で残暑...


2018.9.22(土)

大崎下島御手洗


春には見事な桜で埋め尽くされた天満宮を後にして・・・



天満宮脇
今全盛の野菊♡
e0264374_15043413.jpg



5月には白くて清楚なかわいい花を咲かせていたんですが
この時期はキウイがぶら下がってます^^
5月下旬キウイの花♡
e0264374_15044051.jpg



当日 内心奥底 早生のみかんも狙っていたのですが
まだグリーングリーンしてます(笑)
でも すぐすぐですねぇ~色着くのも♡
e0264374_15044506.jpg


当日の お・は・な❀


お彼岸の時期に御手洗は初めてのことですが
季節で彩る・・・・素敵っ♡
e0264374_15045584.jpg


こちら
旧柴屋住宅前
この建物は1806(文化3)年以前に建築と推定
e0264374_15050526.jpg

伊能忠敬(いのう ただたか)
江戸時代の測量家
寛政12年(1800年)~文化13年(1816年)足かけ17年
日本全国を測量して「大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかいよちぜんず)」という
日本全土の実測地図を完成させた人


大崎島の測量をした時にこの柴屋住宅を宿舎にしたと伝わっている。


柴屋住宅は「御手洗町並み保存センター」として使われ
その奥庭の土蔵(はなれ)に歴史的観賞物があります。
e0264374_15051577.jpg


伊能さんが そんなにすっごい方とは知らなかったので
測量図のようなものがありましたが目もくれず
こういう古い書物の写真しか撮ってないです。
e0264374_15052521.jpg


旧柴屋住宅内にも かなりの歴史的観賞物を展示してますが
何より モニターで御手洗のナビゲーターがされてました。

少し観たのですが
小中学校跡地でゲートボール中 声をかけてくださった方が
遊女の叫びなど、花魁さんのナビゲーションをされてました。



なので
お連れさん了承の上 丘へ。。。。


春には桜の花びら
現在は・・・ 藤でもないしなぁ。。。
っと思い思い階段を登る
e0264374_15055155.jpg



階段を登る最中は木陰
e0264374_15054146.jpg


石階段の絨毯の正体は葛(クズ)の花でした~~☆
8月~9月に咲くお花らしぃです。
やたらと色んな植物にからみついて繁殖率が並大抵ではないという。
春の七草のひとつらしいです。
e0264374_15060016.jpg



これからの時期 この場所は
小鳥の聖地になり みかん色に染まります♡


俳人のお墓から 黒い蝶が いたるところで戯れてました。
e0264374_15060827.jpg



遊女のお墓の前は
この時期でも シキビのお花がキレイに咲いてました。
4月のおいらん公園
e0264374_15061551.jpg

恐れ入ります。
次で終わります。






by rhapsody_uhuhu | 2018-10-04 12:21 | 大崎下島系

(8)御手洗で残暑..


2018.9.22(土)
食後は町並み保存地区を散策。


何やら町並みを描いていらっしゃる方が
2名いらっしゃいました。
風情があっていいね~~~~♪


これまで何度か訪れている御手洗ですが
まだ 入ったことのないお寺の階段を上がってみました。


入ってからの風景は海が門構えから見えて素敵です。
e0264374_11313846.jpg


ここは 「大東寺」という名前のお寺。
e0264374_11321402.jpg


境内の巨体すぎる巨大な木に目を奪われました。
樹齢300年(西暦1700年代((享保時代))(これより少し前が忠臣蔵の時代)
幹周り5メートルの クスノキじゃそうな。
e0264374_11314594.jpg


幹が生きてるんですよ。
この前でお友達と自撮撮影に励もうとしたんです。
ほしたら いきなり足をつかまれて真後ろにひっくり返るとゆう・・・
怪我はありませんでしたが恥ずかしかったですw
e0264374_11315173.jpg


合掌......
e0264374_11322278.jpg


呉市ホームページに大東寺の由来見所がありました。





ホームページに書いてある見所を見て
次回 お寺巡りすればよいものを・・・・




大東寺を出て奥に行けば
満舟寺。数々の俳人の方のお墓があります。
e0264374_11320257.jpg


おやおや。もう銀杏の実が落ちる季節。
ほじゃけん臭い(笑)
e0264374_11323671.jpg


人の姿に見える屋根瓦。
写真で撮ってみると全然人の気配はなしw
e0264374_11324790.jpg


ひっそりと 俳人の墓地には
赤い実がなってました。
e0264374_11325851.jpg


3月にもこの緑になっている木に着目していたのですが
今回も。なんの木か気になるので木を辿って上を見たら蘇鉄系でした。
(ここで抱えている疑問☆蘇鉄とヤシの木の違いが未だ不明で、もしかするとこれはヤシの木かもしれません)
e0264374_11331177.jpg


写真は撮れてませんが
ここから、黒い蝶が小鳥のように遊んでました。
夏は木陰になりもう少しすると深い秋に変わり見事なお色直しをするんでしょうね。
e0264374_11332282.jpg


若胡屋の縁側で少し座ってくつろぎました(笑)
ここも紅葉が楽しみ♪
e0264374_11333228.jpg


若胡屋の建物の中には
自転車で世界一周無銭旅行を果たした中村春吉さんの自転車模様が飾ってあります。
e0264374_11334176.jpg


今年の4月15日の画像ですが
サイクリングイベントで中村春吉さんに扮した人が
そこらへんをこの自転車持ってうろうろしていました。
e0264374_12383931.jpg


1952年(昭和27年)精神的医術の門弟らのてにより
「霊堂法ノ祖中村先生記念碑」建立じゃそうな。

天満宮の敷地内なので春には椿や桜に彩られ
お参りが楽しみです。
e0264374_11342756.jpg


天満宮境内の
水溜。
なんか書いてありますがわかりません;
e0264374_11344817.jpg


天満宮のこの時期はホスタでした。
e0264374_11343822.jpg

by rhapsody_uhuhu | 2018-10-02 12:54 | 大崎下島系

(8)御手洗で残暑.



2018.9.22(土)


御手洗の残暑のお花たち♡
e0264374_12224677.jpg



なんともかわいらしいガーベラ♡
自分じゃぁよう育てられんので
こういうところで元気よく咲いてくれとるのを
見せてくれると大変ありがたく思います。
e0264374_12231506.jpg



白いお彼岸花♪
じ~~~っと見るとヒゲじーさんみたいじゃー(笑)
e0264374_12232515.jpg


ルドベキア♪
今年の夏は娘の送迎中に
長ノ木トンネル付近の交番前で
見事に咲いていたルドベキアに癒されました。
御手洗でも見ることが出来て嬉しかったです。
e0264374_12233575.jpg



思わずかわぃぃ~~~っと呟きました。
道路の方を向いて首を垂らしてます。
「千日小坊」さんでしょぉか。。。
e0264374_12234411.jpg


いいですねぇ~
このシルバーリーフのふわりっと感♡
e0264374_12235183.jpg


こちらも また、
かわぃぃぃっ♡っと思いました。
ペチュニア?
ツツジ???
朝顔じゃないしなぁ(笑)
e0264374_12235925.jpg


何気に盆栽チックな和風の木の先に
白い小さい花が咲いてました。
e0264374_12230588.jpg



確か、当日は 9時半に家を出て、
これまでだと 1時間で御手洗までイケていたので
10時半に到着してそこらへんを散策してからの
お昼タイムを予定していました。


しかし
災害後 道路が寸断されていた国道185号線が
少し前 再開した後 再びの雨で 道路に亀裂が入り
再び片側通行になったので 恐らくそのため 渋滞。
予定通りに行かず 歩いていると11時半になっていたので
予定していた「あなご飯」を食べに
ワタシ的には3度目のなごみ亭さんへ(笑)
e0264374_12225344.jpg



扉を開けると 気持ち良い対応で丁寧に迎えてくれます。
e0264374_11212928.jpg
「あなご飯だけですけどよろしいですかぁ~」ってきに(笑)
e0264374_12240691.jpg


ぇぇっ!?もう 7時ぃ?(笑)
いや、時が止まってしまっているし。
ネジ回したら動くんじゃろぉか?
e0264374_12241364.jpg


っということで
お待たせしましたーっとあなご飯。
e0264374_12225877.jpg

あなごって人気なんですね。
友達は本当に美味しい美味しいと
喜んで食べてました。


食事も済みましたしっ♪
さぁ、散策じゃ。


続きます。
恐れ入ります。

by rhapsody_uhuhu | 2018-09-28 12:56 | 大崎下島系

(8)御手洗で残暑


こんにちは♪
9月22.23.24の3連休
毛が無く いえ、 怪我なく 無事に過ごすことが出来ました。


9月22日(土)残暑厳しく日照りも満々な中
5月20日振り 瀬戸内海に浮かぶ島 大崎下島町御手洗に行きました(笑)


駐車場に到着して
出迎えてくださったのは
見事に背の高いデュランタ♪
e0264374_12384221.jpg


これまで 見たことがありませんでしたが
デュランタは実もつけるんですねぇ。
自分だけじゃったら見逃すところでしたが
お友達が発見してくれました。どぉも♪
e0264374_12384999.jpg

デュランタの後ろらへん
サビた塗炭と元気いいタイトゴメ
(我が家のタイトゴメが小さくなってきているので帰りにもらって帰ろうと思っとったんですが帰りしなは、くたびれ果ててしもうて存在を忘れてしもうとりました)
e0264374_12390539.jpg


もうね、
ここに着いた途端 歴史的風景なので
何べん見ても写真撮ってしまいます(笑)
e0264374_12391333.jpg



御手洗という看板の後ろには
蛸壷(たこつぼ)☆
案内図にもこの蛸壷は示されてますw
e0264374_12422410.jpg


徒歩中・・・
e0264374_12392382.jpg


徒歩中・・・
なんかの蔓を巻いて巻いてシダを混ぜたら
ごがいな風情のある趣を感じることができるんじゃろうか
っと創造力を養う
e0264374_12393361.jpg


ホント 長閑なところで
挨拶は基本(笑)♪
e0264374_13154724.jpg


青空と似合う❀
e0264374_12401686.jpg


青空と似合う❀その2
ツボミ・・・残暑♪
e0264374_12403199.jpg


元気の出る メガネヤネギは
落葉し、新葉の展開を初めて居る模様でした。
e0264374_12412639.jpg


手短に完結したい旨の気持ちは常にあるのですが
そんな展開ではありませんでしたので
続きます(笑)



恐れ入ります。





by rhapsody_uhuhu | 2018-09-25 13:09 | 大崎下島系

(7)観音崎海岸♡



2018.5.20(sun)

瀬戸内海国立公園観音崎海岸


御手洗から愛媛県今治市関前岡村島へ。。。
美しい海辺のドライブですが、誰もが歓声をあげ
車を停めて立ち寄りたい海岸。
e0264374_11053927.jpg



当日は海岸に足跡をつけました(笑)
e0264374_11055733.jpg


歩いてみましたが 先っぽは ちょっと股間が震えましたw
e0264374_11061802.jpg



堤防を上がり左側の景色は正面と違い登ってみると2度美味しい海岸
かっぱ・うさぎ岩と呼ばれる岩があるみたいですが当日は気付いてない。
e0264374_11063287.jpg


すみません。
正直にいうと愛しいです。
e0264374_11063650.jpg



岡村港の正面には 酒屋さん(笑)
「正宗」という名前に反応♪

酒は「せいしゅう(正宗)」
スピッツは「草野まさむね(正宗さん)(♡)」
e0264374_11064478.jpg


大崎下島に入島した途端 ワタシの ピントに合った場所♪
帰り道に どこじゃったかいねぇ?っと言いながら探しました。
e0264374_11065795.jpg



豊浜大橋を下りたすぐ場所に
白い日照草が見事に群生してました。
e0264374_11070435.jpg



ともに御手洗にうどんを食べに行った長女は前日 駅に車を置いていたので
帰り道は駅で降ろし どっちが 早く帰れるじゃろうと思ってましたが
ワタシのほうが先でした♪

車から降り、少し前から成っている赤いグミを撮影
e0264374_11071491.jpg
そーしていたら、娘も帰って来ました(笑)


More
by rhapsody_uhuhu | 2018-05-25 12:30 | 大崎下島系

(7)御手洗のネコ



2018.5.20(sun)
瀬戸内海に浮かぶ大崎下島町 御手洗




おった!流離いのネコ。。。。

っと騒いでいたら 一足先に歩いていた娘が
ひとさしゆびを口に置いて「しーーーっ」の合図@@;

☆注意☆画像をクリックすると大きく見えると大きくなります。(笑)
e0264374_12251998.jpg



子猫を守ろうと
お母さん猫が逆毛して威嚇していたみたいで
ワタシの声でこわがっちゃいけんけんと「しーーーっ」の合図をした娘であった。
e0264374_12265208.jpg


二週間前にはおらんかったのに
何匹か 子猫を生んでます(笑)
e0264374_12270256.jpg


足が小さすぎて
グレーチングに足がはまってしまうところが
何ともかわいらしぃ(笑)
でも上手に抜けて隠れ家に入るんですw
e0264374_12271275.jpg


最初は威嚇してましたが
すぐに慣れて?しまって、良く動いてました。
e0264374_12272103.jpg
傘と子猫
e0264374_12280215.jpg

普段見れん風景を見せてもらいました。

e0264374_12273093.jpg


最初に見た流離いのネコが帰って来たら
みんなが集まって挨拶しているようです。
e0264374_12273999.jpg


ボスなんですかねぇ・・・
何気に風格はあるようですが;
e0264374_12275170.jpg


みかんのコンテナーの中にも2匹、白いのがいましたが
この箱にもおったので、びっくりしました。
やたらと物が散乱していると思ったらネコのためなんですねー。
e0264374_12282882.jpg



一匹だけ。
ひとなつっこいネコが居て
ワタシが写真撮ってる最中
ずっと足元に居ました。
e0264374_12283518.jpg


御手洗はもう紫陽花が開花し始めてましたよ♡
e0264374_12303777.jpg


このあと 車に乗る前に
トイレに行ってちゃんと手を洗いました。


っとはいえ、ここらへんのネコ
キレイな毛並で手入れされているようです(笑)




by rhapsody_uhuhu | 2018-05-24 12:50 | 大崎下島系

(7)がんすでがんす




2018.5.20(sun)
瀬戸内海に浮かぶ大崎下島の港町
重要伝統的建造物群保存地区 「御手洗(みたらい)」に行ってきました。
e0264374_12471324.jpg


御手洗は 今年に入って これで7度目の訪問♪
同じ港町でも四季折々の情緒を感じ魅力的です。
e0264374_12472139.jpg


娘もうどんが食べたいというので
ドタキャンせんように言い聞かせ一緒に行きました(笑)

前回は お腹が空いてないのに 食べたので 美味しさが半減でしたが
今回は しっかりお腹を空かせて行き、鯛の出汁を味わい、ガンスでがんすが 絶品だったことに気づきました。

店内 ボディースーツを着た自転車族数名とお酒を飲んでいるおじさんが
大変ににぎわっている中だったのですが、お酒を飲んでいる方はヨットで愛知県から来られているそうで
素朴に愛知からヨットで御手洗までの所要時間をお尋ねしたら10日かかっとるんですって!
当時、御手洗に立ち寄っていた坂本竜馬の海援隊のことや、※いろは丸は沈没したらしぃ※ことを教えてくれました。
e0264374_12472719.jpg


当日は 何やら 老人集会所のようになっていた御手洗(笑)
道路も座り込んでお弁当やみかんを食べてくつろいでおられました。
天満宮前を通ると どうやら 観光でしょうか。
菅原菅公の歌を刻んだ自然石の大きな歌碑の前を案内されてます。
ワタシもあそこに入ってナビゲーションを聞きたかったです。
e0264374_12480430.jpg


地べたに座っていらっしゃる 御老人?たちの視線は
娘のジーンズのダメージ部分にくぎ付けじゃったらしいそうですw
e0264374_12473837.jpg



4月には 桃の花が咲いていた場所・・・
キレイなキウイの花が咲いてます♡
e0264374_12474756.jpg



ワタシは初めてキウイの花を見ることができて嬉しかったです。
娘は 虫が多くて ものすごく不機嫌になってましたw
ほじゃが 当日は 鬱蒼とした木々の選定作業など、
ところの方のお手入れに 感謝の気持ちでいっぱいになりました。
e0264374_12475536.jpg


5月20日のお花・・・♪
e0264374_12484202.jpg



今回は 道路沿いにある
小さい 神社 弁天社 というところに上がってみました。
e0264374_12485151.jpg


とても 小さな 神社です。
e0264374_12490000.jpg


由来は・・・
わかりません(笑)
e0264374_13314091.jpg


ひっそりと 神社前で咲いてました。
e0264374_12492263.jpg



たばこやさん
e0264374_12492951.jpg



道路脇の建物はしびれあがるほど古いのですが
施錠されているので 人間が住んでいる気配はありません。
最近 ちょっと 運びたいものがあるので この荷車が欲しかったです(笑)
e0264374_12493706.jpg


娘は、古い建造物よりも
まだ、猫を見たいというので
前回見つけた猫が居る場所に続く。




More
by rhapsody_uhuhu | 2018-05-23 13:49 | 大崎下島系

(6)味のあるサボテン


2018.5.6(sun)
GW最終日

町内の川掃除→お犬様のお散歩が完了し
従姉の庭でひとしきりお喋り。


今回は
このサボテンに目がときめく♡
e0264374_12215657.jpg


ちなみに 先月4月1日にときめいたサボテンはコレ♪
再起不能を思わせる症状後のこの渋い現象に粋な計らいだと感動(笑)
e0264374_12220885.jpg
上記写真の時間を見ると 日にちは違うが
時間は8時30分ごろ。
川掃除からのタイムスケジュールは基本このような状態じゃと
自分的に納得。


その後 10時半から 御手洗行動開始。



前回 御手洗直前の この空間が気になったため
まず、ここを視察w
e0264374_12222052.jpg


ここは
大長みかんで有名な大長港

建物に痺れるのであった(笑)
e0264374_12430010.jpg



みかんが載ったポップな公衆電話ボックスに
お連れの彼女は壺入り迷宮(笑)
e0264374_12223490.jpg


イロイロ考えるねェ~♪
e0264374_12225432.jpg


あいにくの雨が降って来ましたけど
しばらく ここで遊びました。
この時 11時半過ぎ・・・
やっぱり 自宅からここまで 1時間で来れる距離。
e0264374_12234204.jpg



そして、当日 今度こそは!!!
の お目当てのうどん屋さんに突入~wwww
e0264374_12235795.jpg



西平製麺所 お店の名前は 「尾収屋(びしゅうや)さん」
御手洗で うどん屋さんを初めて1年半くらいらしぃです。
e0264374_12241080.jpg



ポップ。
よく見ると ぶら下がっているチランジアに花が咲いてみえます。
e0264374_12242314.jpg


ワタシは鍋焼きうどんと ガンスでがんすを注文。
しくじったのは 家を出る前に ゆでたまごを2つ食べて来たので
まだお腹の中が満たされている状態www
e0264374_12243637.jpg


でも ふたを開けて じゃじゃぁぁ~ん♪
わ~~~~おいしそぉぉ~~~(笑)
e0264374_12245017.jpg

お味はですね、
これまで食べたことの無い出汁の味で
ずっと食べながら「なんの味じゃろう?」っと考えてました。


結局 何かわからないまま
当日 3つ目の卵を一口で食し
外に出たら 看板に書いてありました。


「鯛の出汁」と。


なるほど! 鯛じゃ!鯛じゃ!
っと わかったとたん 妙に 美味しかった~♪
っと思えました(笑)


今回は 連休も終わりですし
自転車族もおらんかったし
スムーズに食べることができました。



当日の お花・・・♡
e0264374_12250451.jpg



車を走らせた途端
ネコ族を見つけ Uターン
e0264374_12252200.jpg


ここらの方に
よくしてもらっているのか
とても こぎれいで、ひとなつっこかったです。
e0264374_12253680.jpg


ダンボールの上は寒くないねェ。
e0264374_12254916.jpg


今度はお好み焼き・・・・
e0264374_12260334.jpg


っと、課題をしていても
今回もうどんを食べたあと
新しいお店の呼び込みがあって
次回ね。


っと 約束をしてしまったので
課題が増えすぎて 大変です。


ほんと
飽きません。


by rhapsody_uhuhu | 2018-05-11 13:08 | 大崎下島系

(5)おいらん公園


2018.4.15(sun)

瀬戸内海に浮かぶ大崎下島の港町 御手洗


広島県の島々の中でも古くから
遊女の港町として 船人たちに広く知られ
彼らの旅情を慰めてきたところです。 
e0264374_11512594.jpg


今年に入り 御手洗ブームで入り浸っているのに
花魁さんたちのお墓参りもしてなかったので
小高い急傾斜をゼーゼーハーハー登りました。

e0264374_12034709.jpg


花魁さんたちを供養するには とてもお似合いの
シキビの美しいお花がお墓の前に咲いてました・・・
e0264374_12024788.jpg


御手洗の急傾斜対策工事の時に 偶然掘り出された墓石100基余りが並んでます。
これらの墓石は古くは1730(享保15)年から江戸末期に至るまでの
遊女・童子・それにかかわる人たちの墓標です。

江戸時代の遊女の身は、抱え主である郭のものであり
どのような処分も勝手でした。
御手洗では、亡くなった遊女を大切に葬ったそうです。
e0264374_12063472.jpg


「たのみます 華のこの世も 後の世も」
願いも空しく 桃の咲く丘に葬られ・・・・
e0264374_11515702.jpg


遊女供養碑
e0264374_12581764.jpg




丘のお墓付近で 桃の花は見かけませんでしたが
若胡子屋の建物の裏手で (多分) 桃の花を見つけましたよ。
e0264374_12361459.jpg



見晴らし台で・・・
まだ 大崎上島に行ったことないんよねぇ~
豊島から船に乗って渡るらしぃ。
e0264374_12083460.jpg


反対側はしまなみ海道・・・
長いので 自分で渡る自信はありません;
e0264374_11525452.jpg



千砂子波止 丘からの眺め
e0264374_12100162.jpg



極寒頃の丘はみかんがタワワになっていて
小鳥とワタシは嬉しい悲鳴を上げてましたが
現在はみかんも終わりカリカリ・・・
そして みかんの花の蕾が上がっている時期でした♪


下を向いて歩けば 桜の舞跡・・・
e0264374_11533212.jpg


旧学校のシダレ桜も名残惜しそうに咲いてました。
e0264374_11531512.jpg


当日は 旧学校のグラウンドで
老人会の方が数名 「ゲートボール」をされてましたぁ♪

ワタシたちが 入って 校歌など眺めていると
82歳の男性が「こちらにゆかりのある方ですか?」っと
にっこり尋ねて来られました。


この学校の先生方とかのご家族の方々が
時々 ワタシたちのように 来られるそうなんです。


そうですよねぇ~ そうよねぇ~


御手洗は最近 テレビがよく撮影に入るのですが
この82歳の男性宅にも来られたそうです。


生まれて82年間 御手洗在
素敵な方です。

こういう方にワタシはナビゲーターをしていただきたくって♪



今回 勉強になったのは
校舎だと思っていた 上のリンクの木の建物は
歴代校長先生の宿舎だったそうです。


校長先生は御手洗出身じゃなかったので
こちらで住み込みをしていたそうです。


基本 御手洗の方々は
おもてなしの心をお持ちなので
とても ありがたいです。




by rhapsody_uhuhu | 2018-04-20 12:55 | 大崎下島系
line

素人園芸の日々を独走的に記録しようとしてるんだと思います。


by リエール
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31