人気ブログランキング |

静かに過ごす部屋

itslowly.exblog.jp ブログトップ

タグ:野呂山 ( 52 ) タグの人気記事

桜三昧....



2019.4.6(sat)


瀬戸内海国立公園野呂山


当日は見事に桜が満開の途中経路には
いつも車が停まらない場所に車を停めて
花見をされる方が多かったです。

e0264374_11433536.jpg



ワタシも運よく車を停めることができまして
少し 散策♪



赤茶色の枯葉の向こうには
ぼんやり黄色い新芽が・・・
e0264374_11550074.jpg


近くまで行って様子を見ると
花が咲いているではありませんか~♪


何故だか 陰口をたたくように「ひそひそ」と 友達に
「見て。花が咲いとんよ。」っと 知らせましたが
どさくさまぎれに花を咲かせているので ピンと来るのに
時間がかかるくらいの小さい花^^


できることなら
この木の季節代わりの移り変わりに
逢いたいなっと思います。
e0264374_11435119.jpg



多分 車の中のみなさん ここらへんで
歓声を挙げておられると思います。
ワタシは正面突き当りに車を停めてま~す♪
満車で~す^^
e0264374_11440810.jpg



かっぽんっ♪
正式名称 イタドリ
別名   スカンポ・イタンポ・ドングイ・スッポン・ゴンパチなど(笑)
(正式名称を今この瞬間初めて知りましたw)
e0264374_11442141.jpg


この場所で
9枚写真撮ってました。
e0264374_11443220.jpg



そして、いつもの 氷池へ♡



入り口で 馬酔木がお出迎えしてくれました^^
e0264374_11444417.jpg



当日は 友達が 苺を持って来てくれていて
ワタシは 晩白柚(ばんぺいゆ)の皮で 初めて作った
オレンジピールを持って行きました。
e0264374_11445135.jpg



ワタシたちが氷池の畔に居ると
3羽の鴨がやってきてくれたので
オレンジピールを千切ってあげたら
食べてくれたので 集(たか)って来た
もう一羽の鴨の口ばしまで持って行くと
ワタシの指まで食べようとしたので
奇声を上げてしまいましたw

めちゃ 楽しいっ♪
e0264374_11445921.jpg

そんな幸せなワタシたちの風景に視線を感じ
振り向いて見ると 杖をつきながら見つめている
少し老体のような人が居る。



っとその瞬間 ワタシの従兄じゃったwww



向こうも驚いたようでしたが
偶然もあるもんですね。


っということで
従兄たちにも苺とオレンジピールを食べてもらい
麗らかな時間を過ごしました。

e0264374_11451658.jpg

氷池付近の桜は これからのようです^^



More
by rhapsody_uhuhu | 2019-04-09 13:03 | 桜時期

蓮華の花




2019.4.6(sat))
野呂山へ♪



いつも車を走らせている時
浪漫を感じる場所

当日はピンク色が見えたので
通り過ぎることができるわけもなく
いきなり左折して停車(笑)
e0264374_11574165.jpg



蓮華の花が疎らに咲いてました♡
e0264374_11575435.jpg



蓮華の花のシベと花びらの形を
生まれて初めて間近で見ることが出来ました^^
e0264374_11580169.jpg


降り積もった角砂糖が溶けだし
白い光に酔ったまま
レンゲ畑に立っていた
目をつぶるだけで遠くへ行けたらいいのに
バイ正宗さん





田圃の中の野草たち


立派に花を咲かせている小花
カスマグサ と言う名前を教えて頂きました(嬉)♡

e0264374_11582007.jpg

当日は緩やかな風に吹かれて
うつむいてました(笑)

フウロソウ科ではないかと
ワタシも葉を見て思います(笑)
e0264374_11583206.jpg



近所でも見かける野草ですが
どこででも踏みつけられるような花
きれいに咲いてました^^
e0264374_11584287.jpg


田圃は(恐らく)猪避けで
針金の囲いがされており
それに気づかなかったら
感電する恐れがありました。




そして
桜の名所&ワタシの居場所の
野呂山へと登るのです^^
e0264374_11590165.jpg



この週末も
気付けば 全身全霊で過ごした様子です(笑)
2日間で撮影した写真432枚;

パー子と呼ばれても
致し方ない現実。




by rhapsody_uhuhu | 2019-04-08 12:56 | 桜時期 | Comments(4)

野呂山の鴨




2019.3.2(sat)
竹原に行く前に ちょろっとだけ
野呂山に上がりました♪
e0264374_12254245.jpg



鴨の声が聴こえると
友達と目が合い 「おるおるw」(笑)



過疎化が進み
現在3羽になっとります。
ワタシの目にはボンヤリと映るくらいの先にいました。
(ピントが合ってないことを目のせいにするというw)
e0264374_12234806.jpg



このシトたち、何を食べているのかしらね。
アップ写真見ると口の周りは何かついてます。
e0264374_12235559.jpg


素敵な土瓶のようなお腹の色♪
e0264374_12240152.jpg


なんともいえずこの丸まった姿がかわいいんです♡
e0264374_12240614.jpg


あまり離れて行動せんみたいですね。
親離れ子離れの時期ってあるのかしら。
e0264374_12243216.jpg


落羽松とメタセコイヤの木々は現在マジで裸体。
新しい芽吹きが木々の中で動いていると思うとゾクゾクします。
e0264374_12245460.jpg


上を見上げてもとにかくこの裸体に浪漫を感じるしかなく
我慢できなくなって地面にワタシも寝転んで空を見上げる始末。
後始末は友達が背中をはたいてくれましたw

e0264374_12433527.jpg


e0264374_12445855.jpg


野呂山の四季折々を感じずに居られなくなってしまった今日この頃。
梅雨前の氷池には睡蓮の葉と花でいっぱいですが
現在は 水面がよく見えます。
e0264374_12251148.jpg

あともう少しで
桜がキレイな野呂山です。

焦るw






by rhapsody_uhuhu | 2019-03-15 12:51 |

*キッコウハグマ*



昨日はちょっとした用事で
午前中 仕事はお休みを頂きました。


用事の最中の待ち時間
呉のローカル雑誌 「くれえばん」を見てたんですが
この花に集中しました。
e0264374_14273816.jpg

キッコウハグマ


っというお花で
父なる山の灰が峰公園山道を探すとたくさん見つかったそうですが
どの蕪にも大きな蕾はついているが花はなく翌週同じ場所に行っても咲いてなくその翌週も同じ・・・


三段峡の遊歩道にもキッコウハグマが群生してますが
ここも閉鎖花ばかり・・・


でも 竹林寺に向かう林道沿いには
花を咲かせたキッコウハグマに出逢えましたっと書いてあります。




ワタシの中で

ふと

ふとですよ。





先日 野呂山のたますだれの滝に下りた時
踏み潰しそうな小さい花を見つけたことを思い出し


もしかしてぇ?


っと 記録している写真を見てみました。



余りにも小さい花で ボケピンなので
ブログには載せていませんでしたが



なんとなんとなんとぉっ!!!
e0264374_14411805.jpg



このカール感といい シベ感といい
断定はできませんが そうではないかと思いました。


キッコウハグマは
葉が5角形でこれを亀の甲羅「亀甲」に見立てた。
白熊(はぐま)とはヤクの尾の毛でつくった飾りをいい
兜、槍の白い飾りや僧が使う払子に使われました。


近く着は細長く地中を横に這う。
花期は9月~10月
花柄は1~5ミリ


山地森林内のやや乾いた木陰に生育。


来年
再び散策できるとよいな。




植物とのふとした出逢いも
絶景の瞬間ですね。
ありがとう。













by rhapsody_uhuhu | 2018-11-29 14:57 | マイフィールド

2018.10.野呂山.....


2018.10.27(sat))


野呂山氷池~弘法寺~サバイバルコース(笑)
e0264374_12402363.jpg



滝なんてあることすら無知なことで
ただ未知な世界を歩く。
e0264374_12405839.jpg



そして たどり着きました。
なんきん「たますだれの滝」

7月の豪雨時にはどがいなことになっとったんじゃろうと
そればっかり不安に想像してました。
e0264374_12411565.jpg


現在は 雨も そがいに降ってなく
何百年前からあるような自然の岩のカタチも
圧巻の迫力です。
e0264374_12413059.jpg


たまった水の水受けもなんとなく趣がありまして
よろしいかと思いました。
e0264374_12415770.jpg



歴史的存在を語られる岩自体が
黒く頭角を現していました。
e0264374_12421502.jpg


なんかさー「飛岩」とか「勢至岩札所」とか「釈迦岩札所」とか
立て看板はあるんですが、何がなんやら さつぱり不明でした。
e0264374_12422806.jpg



ただただ サバイバル精神のみで
お友達には付き合ってもろうて申し訳ありませんでしたが
勾配の厳しいところをあがると こがいな 岩に挟まれたお地蔵さんが。

毎日 お花をお供えに来られる人がいらっしゃるんじゃと思ったら
造花でした。

ここは「勢至岩札所71番~80番」でした。
e0264374_12424097.jpg


かわいい苔リン♪
e0264374_12425430.jpg


赤い実も数点ありましたが
この赤い実は蔓性植物の実でした。
e0264374_12433020.jpg


踏み潰してしまいそうなくらい
小さい 小さい かわいい花も見逃しませんでした♡
e0264374_12435108.jpg


石見の場
「龍頭岩とお大師像」
岩の中ほどにお大師様のお姿が見えますと
立札に記してありますが、わかりませんでした。

そもそも  お大師様とは 何ぞやという
罰当たり系から始まるのであります。


e0264374_12440259.jpg



真上を見ると 真っ赤な美しい紅葉
e0264374_12441624.jpg



サバイバルコースを抜ける寸前で
黒くて長くて固まった下山を眺めていた棒のようなヘビがいましたが
いそいそと退散。



風に揺られて~♪
e0264374_12442871.jpg



もう時間も時間だったので
眺めの良い場所に行き
持参のお昼ごはん♪

当日は寒さと暴風で長時間座ってはいられませんでした。
森の中の方が防風対策にはなるようです。
e0264374_12445207.jpg


ぽっつりと。
e0264374_12443976.jpg


氷池に戻る。
やっぱり落ち着きますね♡
e0264374_12450148.jpg



サバイバルもいいけど
メタコセイヤには萌心が発揮します。
e0264374_12463632.jpg



今度は真っ赤な季節に行きたいと思いますが
そういえば 今年も 真っ赤なカープは残念賞でした。


おしかったねー。



終わり。


by rhapsody_uhuhu | 2018-11-07 13:08 | マイフィールド

2018.10.野呂山....



2018.10.27(sat)

野呂山 伊音代・弘法寺
弘法大使空海が御年19歳49歳と2度に渡り登山し
修行に専念された地として伝えられる霊山。


水掛け地蔵
(水をかけて祈願するとご利益がいただけるそうです)
(そんなこととは露知らず お水もかけてません)
e0264374_12315116.jpg


大師堂の起源は
1492年~1500年と思われたびたびの補修再建改修を経て
宗教法人「弘法寺」となり現在に至る。
e0264374_12320601.jpg


寺の真横 真上には
巨大な岩石が乗っかってます。
e0264374_12322953.jpg



ここからの上から目線は
愛と誠に美しく 心からスカっとします。
e0264374_12321212.jpg


川尻でしょうか。安浦でしょうか。
町内放送のアナウンスが何度か聴こえてましたが
何を言っているのか 山にまでは聞こえてきませんでした。
e0264374_12334529.jpg



のんびりと 休憩しつつのおしゃべり中も
その時にしか 目にすることのできないシチュエーション。
e0264374_12324130.jpg



蔦のからまる寺で祈りをささげる日
夢多かりし今現在のことを考えていても
古き険しい時代のことが思いめぐらされてくる。
e0264374_12325079.jpg


いつの日か どなたかこの風景を
同じように感じた方がいらっしゃったのでしょうか。
e0264374_12332049.jpg


弘法寺を奥へ入ると 下りて行く道があります。
未知なる道へ。。。。
e0264374_12325781.jpg


紫陽花の花が全盛期の時期には
あいにく野呂山に行くことができないのですが
こうして 名残惜しんで咲いてくれている紫陽花の花が見れて
とても嬉しく感慨深くなります。
e0264374_12331098.jpg


色もイロイロ。
e0264374_12340799.jpg


モダン色
e0264374_12341489.jpg



もう だいぶ寒くなっているのに
すごい生命力ですね。
e0264374_12342265.jpg


こちらの紫陽花は少し遅咲きでしょ~かっ♪
e0264374_12343209.jpg


まだまだ元気色っぽい
しなやかに♡
e0264374_12344726.jpg


この後
そのときには知りませんでしたが
88か所巡りを無知でするのであります。


恐れ入ります。
続く。


by rhapsody_uhuhu | 2018-11-06 12:59 | マイフィールド

2018.10.野呂山...



2018.10.27(sat)
秋の野呂山その3です。


何故だか 弘法寺方面へ向かっているワタシたち。
脇道があることに気づき ヘビもおらん時期じゃし行ってみる?っと。。。
e0264374_12184050.jpg



光加減でシルバーに光っている木に
デジカメで何枚写真を撮ったことじゃろうw
e0264374_12152336.jpg


見たこともない箪笥の引出を開けてみたいような
未知の匂いや不思議な景色を覗いてみたい
そんな気持ちですが ここは一周歩道という場所。
e0264374_12153299.jpg



木の渡り橋があり
腐ってないじゃろうかと 何回か渡れるかどうかを確認(笑)
e0264374_12153882.jpg


そこは 苔の聖地でありまして
それは 見事な 苔。
e0264374_12155129.jpg



そこらへん 一帯 苔だらけですが
まるで 石の街並み保存地区のような仕上がりになってます♡
e0264374_12160270.jpg



かなりテンションが上がってます(笑)
e0264374_12161244.jpg


渡り橋を終えるまで とにかく 苔景色でしたが
あっというまに 階段登ると元の道に戻ります。
e0264374_12162443.jpg


いつの時代から
この場所で過ごされておられたのか
大きな木にも苔
e0264374_12163646.jpg


負けんぞ広島県!!!
e0264374_12164383.jpg


続く
大変恐縮です。



ここで聴きたいミュージック♪







by rhapsody_uhuhu | 2018-11-02 12:43 | マイフィールド

2018.10.野呂山..


2018.10.27(sat) 野呂山続き

野呂山の春夏秋冬を見逃したくは無い心内。
振り返ってみれば 今回は1年振りとなってしまっていました。
昨年は 靄がかかった幻想的な気分を味わいましたが
今回はただただ氷池の水が眩しく感じました。
e0264374_11002490.jpg



白い小さな花
何?と聞かれても「知らん」と答える。
「もしかして金木犀?」っとお友達。
匂いをクンクン嗅ぐと確かにほんわか香りはする。
っとお互い顔を見合わせる(笑)
e0264374_11003160.jpg



まだまだ区別がつかない メタコセイヤ若しくは ジャカランダの大木に蔓
e0264374_11003842.jpg



紅葉
e0264374_11004373.jpg



春夏秋冬のうち
野呂山には夏に来たことがありません。
もう少し前にはお花が咲いていたことでしょう。
e0264374_11005229.jpg


大好きな光景
今回も会えました。
e0264374_11010116.jpg


この時期ならではのぶらさがりん♪
e0264374_11011173.jpg


黄葉
e0264374_11011915.jpg


踏み心地が優しい
e0264374_11012718.jpg


黄葉
e0264374_11014672.jpg

光沢のある赤い実
e0264374_11015932.jpg


紫式部
大木でした。
e0264374_11020714.jpg



黄葉
e0264374_11021656.jpg


自然の貫禄造形美
e0264374_11022527.jpg



森へ向かう道も
踏み心地が優しいです。
e0264374_11023436.jpg


割愛拒否人間なので
恐れ入りますが続きます(笑)





More
by rhapsody_uhuhu | 2018-11-02 12:30 | マイフィールド

2018.10.野呂山.


2018.10.27(sat)
豪雨災害後初めて野呂山に行って来ました。
未だ夏の記憶が定かじゃないですが
すっかりと秋イロに変化して行ってます。
e0264374_12515177.jpg



岩が多い野呂山ですが
いたるところ数えきれないほど岩石が崩れ落ちて来てる箇所がありました。
どこもかしこも未だ黒い土嚢で応急処置のみ。
人手が足らないので復旧できないのかと思ってましたが
予算的な問題もあるという噂を耳鳴りとともに小耳に挟みました。
e0264374_12520209.jpg


当日は野呂山行楽日和でした♡
e0264374_12520908.jpg


羽松は黄色がかってきてます♡
e0264374_12521814.jpg


モミジと落羽松
e0264374_12522581.jpg



モミジん♪
e0264374_12523149.jpg



あっかいモミジん♪
e0264374_12523703.jpg


e0264374_12524341.jpg


蓮とか睡蓮の時期が終わり葉のみが浮いている
キラキラして気持ちの良い氷池
e0264374_12525179.jpg


静かじゃったんですが
いきなり 「ガァァァ!!!!」っと鳴き声が聴こえ
やって来ました。
e0264374_12525805.jpg


鴨リン♪ 以前は 7羽いましたが
さびしくなって現在3羽。
e0264374_12530521.jpg


いたるところに お地蔵さんのように
この木のコブがあります。
e0264374_12531109.jpg


しばらくここで ぴーちくぱーちく喋っておりましたが
散策せんといけんので ベンチから立ち上がり前に進むのであります。
e0264374_12531732.jpg

この日は9時に迎えに行くじゃことの
約束していたのですが約束の時間があやふやになっていて
間に合わなかったので1時間お迎えをずらせてもらいました。
申し訳ない。

前の日からちゃんと時間をインプットしておけば
コケコッコ活動もできるんですけどねぇ~(笑)


恐れ入ります
続きます。


by rhapsody_uhuhu | 2018-10-31 13:12 | マイフィールド

野呂山紀行8



2017.10.7(sat)


野呂山紀行8

来た時よりも靄が濃くなったね。
っと。。。。(神秘)


駐車場は真っ白で自分が居る場所しか見えないところが良い。
e0264374_15473270.jpg




そんな中、1台やってきました。
e0264374_15474096.jpg



広島県警のパトロールカー(不穏な沈黙wwww)
二人ともおのおの、通報されるような心苦しい行動を振り返っている。

しばらく身動きひとつせずパトカーの様子見・・・・(固まっている)
降りて来たおまわりさんから こんにちは~っと頭を下げられ素通りして行く姿を見て安心する。


今日は靄の中、白装束にパトカーにと
フォトジェニックな被写体に会えたことに妙に感動しました(笑)
e0264374_15474724.jpg


相変わらず、一面 真っ白で静かなのですが
最終場面では 洋服のセンスの良いカップル(アベックという言葉は時代遅れだそうで)が
氷池まで来て仲良くされてたので この中に赤い車が一台居てます。
e0264374_15475955.jpg


かわいいもみじの小枝♡
一際目立って主張してるんですけどね、


ワタシは視野の中、見渡せる限りの景色を見ているのですが
お友達は1点しか見つめてないそうで。
こういう姿には全く気付かないそうです。


小学校の時に 望遠訓練をしていたのですが
望遠訓練は目もよくしてくれますが、目の視野を広げてくれて
目の中の筋力も鍛えてくれ眩暈の効能に値するのではないかと
博士クラスのうんちくを語ったのでありました。
e0264374_15480855.jpg



もうそろそろ帰ろうか。
っと車に乗った途端に雨が降り始め
11時20分山を下る途中は激雨;

ヤバいじゃぁ~んっと心の中で思ってました。
でも無事に国道まで下りることができ一安心(笑)
e0264374_15482056.jpg



ランチのことなど考えてませんでしたが
帰り道のキートンにいきなり左折w

写真では11時59分となっております。
ワタシはヒレカツカレーとヨーグルト。
彼女は二本足のチキンカレーとヨーグルト。

今ではあっちこっちとキートンもできてますが
30年程前、新しくできたアットホームなキートンで
激辛カレーを注文し舌が燃えた記憶があります(笑)
そして、ヨーグルトをサービスしてくれました♪
e0264374_11231441.jpg




当日のお土産・・・・・


友達は木箱にとてもオシャレにアレンジしてました。
それ見てワタシも一応カタチだけぇ~w
e0264374_15504284.jpg



苔と枯葉
そして、栗♪


ある程度実った栗は食べれましたが親指程度の大きさの栗は
剥くのがたいぎくなって食べませんでした;

来年は獣に食べられる前に拾いに行きたいです。
e0264374_15512797.jpg



必然的に 昼寝はしっかりとできた土曜日でございましたぁ(笑)



長い長い更新を見てくださって
ありがとうございます。


by rhapsody_uhuhu | 2017-10-21 11:31 | 日常的&非日常
line

色んな景色の観察日記です。


by リエール
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー